ナチュラルテイストのインテリアに欠かせない無垢材の魅力をご紹介

>

正しいお手入れで10年後もきれいな床に

施行方法によって異なる耐性

無垢フローリングは塗装の仕上げによって耐性や床の強度が変わってきます。
「ウレタン塗装」は合成樹脂を使用して薄い膜を作ることで、傷や水に対する強度を上げます。
「UVウレタン塗装」は通常のウレタン塗料に紫外線で硬化する成分を混ぜたものは、通常のウレタン塗装よりも更に強度が増し、光沢を出したりすることもできます。
これらの塗装仕上げは傷に強く、お手入れがしやすい反面、木が持つ柔らかさや質感がある程度失われてしまいます。
そのため、無垢材そのものの柔らかさや肌触りを楽しみたいという場合は「オイル塗装」がお勧めです。
植物性の油などの塗料を使って木材内部へ浸透させることによって床を保護するため、床表面を硬化させることなく無垢材の良さを最大限活かすことができます。
しかし、傷や水に対する耐性は下がるので、こまめなお手入れが必要となります。

無垢フローリングのメンテナンス方法

無垢材は合板材と違い、水や化学薬品に弱い性質を持つため、普段のお手入れ方法にもいくつか注意すべき点があります。
無垢材は水分に弱い性質があり、食べこぼしや水滴などが付いた状態で放置すると、シミや反りの原因となります。
普段の生活の中で飲み物やソース、食べものを落とした時はすぐに拭き取るようにしましょう。
掃除に関しては基本的に水拭きを避けて、乾いた布巾やモップで乾拭きをして掃除機掛けをすると良いでしょう。
乾拭きで落ちない汚れができた場合は、固く絞った雑巾や食器洗い用などの中性洗剤で拭き取ってみましょう。

また、オイル塗装を行っている場合は年に一度から2年に一度のペースでリフォーム時に使用した同じ塗料でのワックスがけを行いましょう。
この時、ウレタン塗装用などの合成樹脂ワックスを使用してしまうと、床の毛羽立ちやシミを作る原因となるので、必ずワックスの成分などは確認するようにしましょう。