ナチュラルテイストのインテリアに欠かせない無垢材の魅力をご紹介

>

主な無垢材の種類と特徴

フローリングで使われる代表的な種類

フローリング材として使われる素材の中でも定番とされる「オーク」は広葉樹となるナラの木から作られており、床材の中でも硬質で傷に強く、耐久性に優れているという性質があります。
褐色と白色の中間的な色合いとキレイな木目が特徴のオーク材ですが、産地や環境の違いによって色合いは大きく変化します。
同じ広葉樹の仲間である「チーク」や「ウォールナット」は安心感のある深い色合いが特徴的で、傷や水に対しての強度が強いことから家具やドアなどにも使用されています。

一方、針葉樹の仲間である「パイン」や「スギ」は傷に弱い反面、柔らかな素材と色合いからオーク材と並んで人気の素材となります。
また、日本人になじみ深い「ヒノキ」は独特の香りと水に対する耐性の強さから床材としてだけでなく浴槽や木造建築にもよく用いられる素材となります。

無垢材を使ったリフォームは高い?

合板フローリングと比較して無垢フローリングは値段が高いというイメージを持っている方も多いでしょうが、最近ではパイン材やヒノキ材などであれば、産地やメーカーによっては合板材とさほど差額が変わらない単価の無垢材も出てきました。
また、合板材が全て安価というわけでもなく、耐傷性の高いものや床暖房機能を加えたフローリングであれば合板材の方が単価が高くつくこともあります。

合板材は5年、10年と徐々に経年劣化が進み、張替が必要になるのに対して、無垢材のフローリングはお手入れにこそ手間が掛かりますが、ある程度の年数を経ても劣化することなく木の持つ味わい深さを長く楽しめるところに価値があります。
無垢材でのリフォームを考える場合、値段だけで比較するのではなく、それぞれの材質の特徴生活を踏まえたうえで、お手入れのしやすさなど生活スタイルに合った床材を選ぶことで満足度も変わってきます。