ナチュラルテイストのインテリアに欠かせない無垢材の魅力をご紹介

>

リフォームの前に素材の違いを理解しておきましょう

無垢材の持つメリットとは?

無垢材の特徴は、何といっても木そのものが持つ風合いと肌触りにあり、床材として利用する魅力の1つとも言えます。
合板材とは異なり、1枚1枚にそれぞれ木目や色の違いがあり、年数を重ねるごとにその色が変化してくるため、使用年数とともにアンティークのような味わい深さを感じることができます。

また、無垢材のメリットとして温度と湿度の調整機能があり、この特性によって住まいの快適性を向上させることが期待できます。
木には余分な湿気を吸収し、乾燥した時にはその湿気を放出する調湿機能が備わっているため、夏場の湿気が多い時期でもフローリングがべたつくことなく快適に過ごすことができます。
また、木材は繊維の間に空気を含んでいることから、室内温度を保ち、冬場でもフローリングの床が冷えることを防いでくれます。

無垢材と合板材の違いを理解しておく

水や汚れに強いのかや、肌触りなど、フローリングリフォームを考える時には、まず最初に床材の性質の違いを知っておくことが大切です。
先ほどご説明したように、無垢材には肌触りの良さや湿度の調整機能などのメリットがありますが、木材の種類によっては傷が付きやすかったり、湿気によって反りや隙間が出てくる可能性があります。
一方、合板材は薄い板を数枚重ねたり、表面にコーティングを行うことで、無垢材のこうしたデメリットをカバーし、傷やねじれに強いフローリングとなります。
そのため、キッチンや洗面所などの水回り周辺は合板材を使用したり、生活の中で長時間過ごす寝室やリビングには無垢材を使用するなど、場所によって床材の特徴を活かせるようにそれぞれの床材の配置を工夫すると、リフォーム後もフローリングが長持ちします。